美容外科の名医による切らない脂肪吸引でバレずにダイエット

マンション売却成功のコツはズバリ予算調整を上手に行なうこと
住宅ローンやグレード調整で上手に予算のやり繰りをしよう
目的に合わせて選ぼう~様々なマンション売却法~

切らない脂肪吸引で理想のボディへ~手術の心得~

脂肪吸引と聞くと体にメスを入れて手術するイメージを持つ人が多いと思います。しかし、切らない脂肪吸引もあるのです。

脂肪吸引の種類

切る
多くの人がイメージする脂肪吸引はメスを入れる方法だと思います。今では体にメスを入れる方法を「切る脂肪吸引」と言われています。切る脂肪吸引は、吸引する箇所にメスを入れてそこから管を通し無駄な脂肪を吸引します。気になる部分の脂肪を直接吸い取ることが出来るため、一回で大きな効果が期待できる方法です。最近では、メスで体を切る範囲が小さくなっているため、以前よりも手術を受ける人の負担は小さくなっていると言われています。
切らない
切る脂肪吸引とは対照的な「切らない脂肪吸引」は、メスを使用しません。脂肪を無くしたい部分に超音波を当てて脂肪を溶かし、体内に吸収させる方法や注射で脂肪のある部分に薬剤を入れて脂肪を溶かす方法もあります。切る脂肪吸引よりも大きな効果は出ないが、ダウンタイムがほとんどないため、体の負担がなく切る方法よりも気軽に施術を受けることが出来ます。脂肪を除去したい人で切ることに抵抗がある場合、切らない脂肪吸引を検討してみましょう。

受けた人の口コミ

脂肪吸引に不安や疑問を持っている人もいると思います。ここでは、脂肪吸引をしたことのある人の声を聴いてみましょう。

だるさはありましたが、施術箇所がしっかり細くなっていました。(20代/事務員)

手術は麻酔をかけていたので起きたら終わっている感じでした。全然痛くなくなかったです。手術後は2日間くらいだるさがあったくらいであとは特に何もなく過ごすことができました。3日が経った頃に手術後から固定していた包帯を取って、代わりにしばらくはサポーターを付ける生活になりました。手術を受けたところはちゃんと細くなっていたのでよかったです。

痛みも違和感も全然感じなくて感動しました。(30代/会社員)

不規則な生活から急激に10㎏以上太ったことがきっかけで脂肪吸引をすることにしました。でも、切るのは痛そうで怖かったので、切らない脂肪吸引をすることにしました。注射で脂肪を溶かすものを入れる方法だけど、施術はすぐに終わり違和感も痛みもなく、あっという間でした。1週間後に痩せはじめ、1か月で約6㎏痩せることができました。

脂肪吸引手術の準備

脂肪吸引の手術を受ける前にはカウンセリングあります。カウンセリングでは、担当医師ときちんと話をすることで患者の希望を確認します。不安なことがあればカウンセリングで全て解決しておきましょう。手術前には、看護師によるトリートメントが行われます。これは脂肪を軽くほぐす工程で10分ほど行います。その後医師により吸引部分の確認をして心電図や血圧を計り、麻酔が投与されます。麻酔が効くまでには個人差があります。しっかりと医師との確認がとれれば不安を感じることなく手術を受けることができます。

リスクの少ない豊胸~自然なバストで自信を持つ~

バストアップにもリスクがあります。リスクの少ない方法で豊胸手術を受けて、自分に自信が持てるバストを手に入れましょう。

オーソドックスな豊胸

豊胸手術にもいろんな方法があります。ここで、一般的に知られている豊胸手術の方法について確認してみましょう。

美容外科ではどのような
豊胸手術をしているのですか?
美容外科では、手軽にできる方法はヒアルロン注射を注入する方法です。この方法は、大きさだけでなく、形も変えることも出来ます。注入するヒアルロン酸の量によって金額は変わってきますが、高くて30万円程かかります。ヒアルロン酸は徐々に体内に吸収されるため、持続期間は1年ほどです。あとはメスで切開して、胸の中にシリコンを入れる方法です。値段によりシリコンの質も違い、半永久的に持続するため、値段は23万円~120万円程かかります。自分の脂肪を注入して豊胸する方法もあります。

脂肪注入による豊胸

メリット
脂肪注入の豊胸は、自分の脂肪を注入するために拒絶反応が起きずに、自然な柔らかさの胸で大きくすることが出来ます。手術でできる傷跡が小さくて目立ちません。胸に注入する分の脂肪を気になる部分から取ることが出来るため豊胸と同時にスリムな体系も手に入れることが出来ます。持続期間もヒアルロン酸注射よりも長く維持することができます。
デメリット
自分の余分な脂肪を取って胸に入れるため、細身で余分な脂肪がない人は脂肪注入の豊胸を行うことが出来ません。1回で注入できる脂肪の量は限られているため、必ず本人が望んでいる大きさにすることが難しい場合もあります。さらにメンテナンスのために、手術後は何度か美容外科に通わないといけないデメリットがあります。

豊胸手術を成功させるためには

デメリットもある豊胸手術を受けることは不安もあります。失敗しないためにも、経験者の意見を聞いてみましょう。

自分が目指している体をイメージすることが大切です。(30代/接客業)

脂肪注入による豊胸をするなら、まずは自分がどのような体系になりたいかをイメージしたうえで手術に臨むことが大切ですね。豊胸施術によって自分が憧れている胸の大きさや形を考えて、脂肪注入の豊胸手術をしている美容外科クリニックを探すことも重要ですよ。そして、しっかりとカウンセリングで自分の希望をすべて伝えてからどれくらい実現することが出来るのかを確認してください。できる限りの範囲で納得できて、安心して任せることが出来る医師に手術してもらうといいですよ。

アフターケアの重要性

自分の脂肪を注入するため拒絶反応はありませんが、それでも脂肪注入の豊胸手術にもアフターケアが大切です。脂肪が安定するまでには2週間~3週間ほどかかりますので激しい運動などは避けて安静にしておくことが大切です。また、脂肪が石灰化してしまう恐れがあるため、医師の説明を受けて、マッサージをするように心がけるケアも大切です。

TOPボタン